Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

英語学習

シドニー・シェルダンの『Master of the Game』

こんにちは。もりちゃんです。暑いですけど勉強頑張りましょう。

 

過去の記事では、音楽で英語を勉強するというテーマで書かせてもらいましたが、音楽に関してはしばらくしてからまた投稿するとして、今回からはもりちゃんのお気に入りの本を紹介したいと思います。実をいうと、本で英語を学ぶというのが一番効果的ではないのかと、もりちゃん個人は思っています。

 

今日紹介したいと思っている小説は、Sidney SheldonMaster of the Game です。この本は1982年に出版され、世界中でベストセラーになりました。後に日本語にも翻訳され、邦題『ゲームの達人』として出版されました。もりちゃんが高校の頃、この『ゲームの達人』と出会い、すっかり虜になったのを覚えています。高校卒業後アメリカに渡り、英語力も少しずつ上達したと感じ、何か英語で本でも読んでみようと思い、本屋で購入したのがこの Master of the Gameです。一度日本語で読んでいたこともあり、物語の背景が分かっていたので、難しい単語が出てきても、何となく理解できたのを覚えています。

 

あれから数十年が経っていますが、時々読みたくなってしまい、最低でも1年に1回は読んでいると思います。何度読んでも飽きないし、ドキドキ感も味わうことができ、全く色あせていない最高傑作の小説だと思っています。以前生徒に本の紹介を求められ、日本語訳の『ゲームの達人』を勧めたのですが、上下巻構成のこの小説を3日くらいで読んでしまったと言っていました。読みだしたら止まらなくなり、早く次の展開を知りたいという思いから、一気に読んでしまったそうです。

 

もりちゃんがなぜこの小説をお勧めするのかというと、物語の面白さはもちろんのこと、使われている英語が非常にバランスがいいように感じています。日常的に使われる単語や表現の他に、ビズネスのこと、娯楽のこと、趣味のことなど様々な場面で使われそうな英語が盛り沢山です。また英文学などによく使われる特別な技法などが少なく、現代英語の基本をしっかり覚えていれば理解できるようになっています。

 

物語の内容はネタバレしてしまうので書くつもりはありませんが、私たち人間が常に持っている感情を、物語の登場人物たちがはっきりと表していると思います。純情な気持ちと邪悪な感情、友情と裏切り、富と貧困、希望と絶望などの対比を怖いくらいに表現しています。人間の「明」の部分と「暗」の部分のどちらか一方だけを持っている登場人物もいれば、その両方を持ち合わせている登場人物もいたりします。また、「明」から「暗」に変わってしまう人物もいます。もりちゃんも自分に照らし合わせて、もし自分が同じような経験をしたら、彼ら、彼女らのように性格が変わったりするのだろうかなんて考えたりもしました。

 

物語の前半は、主人公が貧しさから脱するためのダイヤモンド探しの大冒険から始まり、裏切りや復讐を経て成り上がっていきます。中盤には、主人公の娘、Kateが新たな主人公となり、父が設立した会社を多国籍企業へと成長させていきます。その手腕もまた大胆かつ綿密で、「鉄の女」を連想させます。後半は、Kateの息子や双子の孫娘へと話しが移り、物語はクライマックスへと向かいます。

 

さて、みなさんもいきなり英語の本を読むのを躊躇する方もいるとは思いますが、もりちゃんのように、1回日本語訳で読んでみるといいと思います。ストーリーは分かっているので、分からない単語でも雰囲気で分かりますし、あの時の表現は、英語でこんな風に言い表すんだと気づくこともできます。そして1冊読み終わったころには劇的に英語力がアップしていること間違いなしです。1冊読んでしまえば、自信がつき、また別の本を読みたくなります。もりちゃんは、Master of the Gameを読んでから、Sidney Sheldonにはまってしまい、彼の小説は15冊くらい読んでいると思います。今度もりちゃんが読んだSidney Sheldonの小説のリストでも掲載しますね。

 

読書という趣味を通して英語を覚える。なんて優雅で贅沢な学習法でしょう。しかも面白い本を読んでいる時に、本人は勉強をしている感覚は全くないのですから、勉強嫌いの人でも全然いけてしまうと思いませんか。是非、皆さんもトライしてみてください。

 

それではまた。BYE!!

英語塾橋本のホームページもご覧ください。

 

YouTube動画、「英語構文・英熟語‼」を公開しています。是非ご覧ください。

 

 

  • 2018.08.15 Wednesday
  • 17:26

英語学習

ビリー・ジョエルで勉強

こんにちは。もりちゃんです。

 

前回と前々回のブログで、Mariah CareyChicagoのヒットソングを紹介しました。今回はBilly Joelの名曲、Honesty を紹介します。この曲は1978年に発表されましたが、もりちゃんがこの曲を知ったのは10年以上たってからでした。当時アメリカの大学に在学中で、週末に友達と行ったピアノバーでこの曲が演奏されているのを聴き、雷を打たれたような衝撃を受けたのを今も覚えています。音楽の評論家ではないのでうまく表現できないのですが、歌詞を通して伝わる感情に思わず声を失いました。友人に曲名を聞き、CDを購入し、繰り返し聴いたのを覚えています。特に、「誠実とはとても寂しい言葉です・・・・それこそが僕があなたから必要としてるものなんだよ。」という歌詞に、哀愁や愛情みたいなものを感じました。

 

それでは、Honesty の中でどのような英語が使われているのか少し見てみましょう。

 

But if you look for truthfulness 「だけど、もし君が誠実さを探しているなら」

You might just as well be blind 「盲目になってみた方がいいよ」

 

この2文は接続詞の「if」が用いられているので、実際には1文となっています。「look for」という中学で習うような熟語があり、2文目では、高校で学習する「might just as well」が使われています。それぞれ意味は、「〜を探す」、「〜したほうがよい」となります。それにしても深い歌詞だと思いませんか?解釈は人それぞれだと思うのですが、もりちゃん的には、誠実さを探すには目で見るより、心の目で探すしかないんだよと言っているような感じがします。目先の容姿などからは、誠実さは分からないと言われているような気がします。

 

But I don't want some pretty face to tell me pretty lies 「だけど私はかわいい顔で、かわいい嘘を僕についてほしくないんだ。」

 

出来るだけ直訳に近いように訳しましたので、不自然な感じの訳になりましたが、ここでは、「want O to 原形」の形が使われています。「Oに〜してほしい」という意味で、否定文と重なり、「かわいい顔にかわいい嘘をついてほしくない」となります。「want to 原形」で「〜したい」というのは中学で学び、多くの人が理解しているのですが、真ん中に目的語のOが入ると訳せなくなる生徒が結構います。

 

 

All I want is someone to believe 「僕が求めてるのは信じられる人だけです。」

 

この文は、『マライア・キャリーで勉強』でも紹介した、「All S V is 〜」の形です。「私が欲しい全ては信じられる人です。」が直訳となり、「私が欲しいのは信じられる人だけです。」という意味になります。何回も出現する表現なので是非覚えておきたいですよね。

 

どうでしょうか。今回は少し重めの曲を紹介させていただきましたが、英語学習には非常に適していると思います。曲のタイトルであるhonestyという単語の類義語がいくつか出てきているので、まとめて覚えてしまうのもいいかもしれません。そして曲自体がゆっくりなので、何度も聴いていけばついていけるようになると思います。最初は何もない状態で何度か聴き、その後歌詞カードでチェックし、できれば真似をして歌ってみると、リスニングや発音の練習にもなります。是非試してみてください。

 

それではまた次回。BYE!!

 

英語塾橋本のホームページもご覧ください。

 

YouTube動画、「英語構文・英熟語‼」を公開しています。是非ご覧ください。

 

  • 2018.08.06 Monday
  • 10:17

英語学習

Chicagoで勉強

こんにちは。

 

前回は「音楽と英語」に関連して、マライア・キャリーの曲でどんな英語を覚えることが出来るかを話しました。今回はもりちゃんが高校時代によく聴いていた、Chicagoというグループの、Hard to Say I'm Sorry を紹介します。とにかく透明感があるきれいな歌声で大ヒットしました。歌詞の内容は、どんな男性でも1度は経験したであろう切ない内容です。(もりちゃんは1回どころではありませんが。)1982年にビルボードで1位に輝き、今現在もその音色は色あせず輝き続けています。その後この曲は多くのアーティストにカバーされるほどの名曲となっています。

 

Everybody needs a little time away 「みんな少し離れる時間が必要なの。」

I heard her say from each other 「私は彼女がそう言うのを聞いた。お互いにね。」

 

2文用意させていただきました。なぜなら、この2文は一見別々に見えるかもしれませんが、実は1つの文なのです。分かり易いように1つにまとめるとこのようになります。I heard her say everybody needs a little time away from each other. 「誰もがお互い少し離れる時間が必要だと、彼女が言うのを私は聞いた。」となります。要は最初の文が本来2文目の途中に入っているのですが、倒置が起こっているのです。倒置をすることで、彼女が言った内容の衝撃を強調しているのです。更に、heard her say と知覚動詞+O+原形 が用いられています。高校生の必須文法ですね。

 

It's hard for me to say I'm sorry. 「私がごめんと言うのは大変なことなんだ。」

 

日本語訳はあえて直訳にしましたので不自然に思うかもしれませんが、これこそがまさにこの曲の邦題である『素直になれなくて』という意味なのです。この文では、「it is ~ for 人 to 原形」が使われています。中学で習った構文でもあり、高校でも再度学習する最重要構文の1つですね。「人が・・するのは〜だ」と訳します。

 

I will make it up to you 「埋め合わせはするよ。」

I promise to 「約束するよ。」

 

この2文も実は非常にリンクしている文となっています。まず1文目で、make it up to ~ 「〜に埋め合わせをする、償う」という重要熟語があります。そして2文目は、中途半端にも to で終わっています。これは「代不定詞」と言い、前述している動詞の反復を避けるための大切な文法です。よってこの文は実際には、I promise to make it up to you となります。ちなみに代不定詞も高校生の英文法の「不定詞」のセクションで習いますね。

 

I could never let you go 「私はあなたを行かせることはできないよ。」

 

要は「絶対にあなたを手放したくない」と言っているのですが、ここでは 「let+O+原形」の形で、「Oに〜させる」という使役動詞が使われています。これも英語においては超最重要文法ですね。よく英会話で、「Please let me know 〜」と言いますが、これは使役動詞の"let"が使われて、「私に知らせてください」となっています。

 

まだまだこの曲の中にも、お宝のような英語学習に役立つことが満載なのですが、長くなりそうなのでここまでにしておきますね。

 

ここでもりちゃんの意見を言いたいと思いますね。よく英語学習について、「海外に行けば、文法なんて分からなくても通じる」とか、「日本の英語教育は文法をやるから喋れるようにならないんだ」という言葉をよく耳にしますが、果たしてそうでしょうか?前回と今回で紹介した曲の中には、私たち日本人が学校で習っている単語や、構文、熟語、文法でいっぱいです。これらをおろそかにして、一体どうこの曲を理解できるのか逆に知りたいくらいです。そして、正しい文法を知らず、海外で単語だけ並べた会話が通じても、果たして本当に心からの会話が出来ているでしょうか。買い物が出来たからって、相手も商売ですから一生懸命理解してくれようとしてくれますが、現地であった人たちと、お互いの国のことや、お互いの家族のこと、共通の趣味や異なる意見の討論などで、ちゃんとした文法、語法などを知らずに会話は成り立ちません。アメリカの大学に在学中、もりちゃんが感じたことは、コンマ一つもレポートでは気を付けなければいけなかったことです。

 

そんなわけで、学校で一生懸命英語を習っている生徒さんも、TOEICや会話のために頑張っている社会人の方々も、今やっている勉強が決して無駄になることはないと思ってほしいです。今日教科書で習ったことは、必ずこれからの人生の中で役に立つことがあるのですから。むしろ役に立ったことがないと言う人は、学生時代に覚えてこなかったので役に立っていないのですから。

 

頑張っている人、頑張れ!! コメントや要望がありましたら、お気軽にどうぞ。

 

英語塾橋本のホームページもご覧ください。

 

YouTube動画、「英語構文・英熟語‼」を公開しています。是非ご覧ください。

 

  • 2018.07.31 Tuesday
  • 16:23

英語学習

マライア・キャリーで勉強

こんにちは。もりちゃんです。

 

前回のブログ、「音楽と英語」でマライア・キャリーの曲でどんな英語が学べるかの予告をしました。そこで今回は、Mariah Careyの、All I Want for Christmas is You の歌詞から数例挙げてみますね。

 

There is just one thing I need. 「私が必要なものが1つだけあるの。」

 

中学2年生くらいで習う、There is (are)の構文がありますね。意味は「〜がある、〜がいる」ですね。更に、文中に主語と動詞(I need)が入ってきているので、関係代名詞の目的格であるthatが省略されています。関係代名詞は中学3年生くらいで習いますよね。

 

Make my wish come true.  「私の願いを叶えて。」

 

この文は主語がなく動詞から始まっているので、命令文になっています。ちなみに、命令文は中学1年生で習います。しかし、実際に英語で話されると、中々命令文に気づかないのが現実です。そして、高校で習う使役動詞のmakeが使われています。「〜させる」という意味で、「私の願いを実現させて。」という直訳になります。

 

All I want for Christmas is you.  「私がクリスマスに欲しいものはあなただけなの。」

 

タイトルにも歌詞に入っているこの文には、高校生が使用する英語構文の参考書に頻繁に出てきている言い回しが使われています。AllとI wantの間には関係代名詞のthatが省略されていて、直訳は、「私がクリスマスに欲しい全てはあなたです。」となります。これを意訳すると、「クリスマスに欲しいものはあなただけ」となります。他に例を挙げると、All you have to do is to follow my ordersという例文で考えてみましょう。直訳は、「あなたがしなければいけない全ては、私の命令に従うことです。」なのですが、意訳すると、「あなたは私の命令に従ってさえいればよい。」となります。このように歌の歌詞が他の英文でも応用できるようになります。

 

Oh, I won't ask for much this Christmas. 「私はクリスマスに多くを求めていないわ。」

 

この文には、高校生が絶対覚える必要のある "ask for" という熟語が使われています。意味は「〜を求める、要求する」となります。

 

I hear those sleigh bells ringing. 「私はソリのベルが鳴っているのが聞こえるわ。」

 

hearという知覚動詞が用いられています。"hear+O+~ing" の形で「Oが〜しているのを聞く」となります。知覚動詞は高校の文法で習いますよね。

 

Santa, won't you bring me the one I really need? 「サンタさん、私が本当に必要としているものを連れてきてくれませんか。」

 

最初の "won't you" という表現は、相手に依頼したりするときに使われるますね。おそらく似たような表現で、”Will you" や "Would you" "Could you" は皆さんもご存じだと思います。また先ほども出ました関係代名詞が I really need の前に省略されています。更に語彙に関してですけれど、多くの人は "bring" という単語を「〜を持ってくる」とだけ覚えていると思うんですが、人に対して使われることもあり、「連れてくる」と訳すこともあります。

 

ここに挙げたのはほんの一例で、他にもいろいろ英語学習に役立つ文があります。また発音においても、例えば "Christmas is" は、「クリスマス イズ」と発音されていなく、「クリスマシィーズ」と発音されていますね(あまりカタカナで発音表記をするのはお勧めではありませんが)。このような発音の仕方を多くの学生は理解しているとは思うのですが、いざ聞いてみると聞き取れないということは頻繁に起こります。

 

話が長くなってしまったので、今日はこのくらいにしておきます。音楽を聴くことが英語学習に役立つことが分かっていただけたら幸いです。

 

それでは今日はここまでとします。That's all for today.  Bye!

 

英語塾橋本のホームページもご覧ください。

 

 

YouTube動画、「英語構文・英熟語‼」を公開しています。是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2018.07.28 Saturday
  • 17:55

英語学習

音楽と英語

こんにちは。

 

前回のブログで英語学習について少し硬い話をしたのですが、そのブログの最後のほうで、趣味を英語で楽しんだらどうかと提案させていただきました。今回はその第1弾を話したいと思います。

 

まず始めに、もりちゃんの趣味と英語の両立のきっかけを話したいと思います。それはさかのぼること、もりちゃんが高校時代のことです。当時野球部に所属し、遠征で電車やバスの移動が毎週ありました。その移動中にWalkman(まだカセットテープの時代です)で大好きな洋楽を聴いていたことが始まりでした。MadonnaCyndi Lauper, U2, Chicago, Wham!, Whitney Houstonなど、数えだしたらきりがないくらい聴いた覚えがあります。中でも恋多き、男盛りのもりちゃんは、ラブソングを歌うChicagoの曲を試合前に聴くことをルーティーンにしていました。

 

そのうちに、歌詞カードに合わせて聴くようになりました。さらに、英文の歌詞と日本語に訳した歌詞を見比べるようになりました。もちろん本人は英語の勉強をしているつもりは全くありません。ただ歌詞の内容を知りたかったからです。当時私は英語が特別好きなわけでもなく、成績も最悪でした。それなのに英語に対しての苦手意識や、拒否反応は全くなかったのはこのためだと思います。

 

高校卒業後、アメリカの大学を目指し渡米出来たのも、英語に対して恐怖心を持っていなかったのも、そんな何気ない英語との関りがあったからだと思います。

 

そんなことから、音楽を聴き、歌詞を照らし合わせて、できれば訳してみることが非常に有効だと思います。皆さんの中にも、知っている単語なのに聞き取れない単語ってありますよね。音楽を通して、「この単語ってこう発音するのか。」と発見することもできます。学校で習うような重要な文法や構文がたくさんあります。

 

ただどんな曲でもお勧めかというと、そこは選曲が重要だと思います。例えばパンクやロックなどは独特な歌い方がありますし、歌詞もぶっ飛んでいることが多々ありますよね。またスラングも混じっています。なので英語学習にはもりちゃん的にはあまり勧めません。(曲自体は好きなんですけど。)

 

ではどんな曲がいいかとうと、例えば歌姫と代々呼ばれているアーティストの楽曲がいいです。例えば、Mariah Careyなんかは非常に一語一語がはっきりしていて、歌詞も適していると思います。たった1曲でもいいので、単語、文法、構文、熟語、発音を完璧にすれば、かなり英語力はアップすると思います。そんなわけで、次回はMariah Careyの曲を例に、音楽からどのような英語を学べるか話してみます。

 

それでは、また次回に!!

 

英語塾橋本のホームページもご覧ください。

 

 

YouTube動画、「英語構文・英熟語‼」を公開しています。是非ご覧ください。

 

  • 2018.07.25 Wednesday
  • 21:44

英語学習

英語学習と年齢について

こんにちは。

 

今回は英語学習について話してみたいと思います。

 

よく「英語は何歳から始めればいいのか」と耳にしますが、その質問は非常に返答が難しいといつも思っています。確かに小さいころに始めれば始めるほど、語学習得には有利になりますが、皆さんがもう手遅れだと思っている大人になってからでも、十分に英語が分かるようになるのも事実です。

 

逆に小さい頃から始めても英語が苦手な大人になる人もいると思います。それよりもむしろ、どれだけ英語に触れる環境にいるかということのほうが大きいと思います。言語学では、ネイティブ・スピーカーになるには、4歳までにどれだけその言語の環境にいるかによるとも言われています。

 

なので、3歳の時に英語を始めたとしても、それが週1時間くらいしか英語に触れていないならば、あまり効果は見込めないということです。逆に何歳になっても英語にかかわる時間が多ければ、それだけ言語習得の可能性は高まると思います。

 

しかし単に英語に触れるといっても、年齢によってその触れ方も変わってくるようです。ある言語学者によると、第2言語を学ぶ際に18歳位を境にその学習法が変わるというのです。

 

18歳になるまでは、耳に入ってきた言語を覚える比重が、勉強によって覚えることより大きいのだそうですが、18歳位を境に逆転して、勉強による語学習得の割合が、耳から入ってきて覚える割合を超えるそうです。もちろん個人差もあるでしょうが、年齢を重ねるにつれて、ただ耳から入ってきた言語を理解してマスターすることが困難になり、勉強をしなければいけないということです。しかし中学生や高校生くらいになれば、確かに耳からの学習のほうが比重は高いのですが、勉強もかなり必要ということになります。

 

英語が苦手だと思っている人は、もしかしたら英語に触れる時間が少ないのかもしれません。そこにはもちろん勉強時間も含まれていますが、勉強が嫌いならば少なくとも趣味を語学習得に結び付けてみるのもいいかもしれません。趣味を通して、自分を英語の環境に置くことで、今より英語ができるようになるはずです。

 

興味のあることを英語でやってみるのは、語学習得には非常に役立ちます。もりちゃんも少しでも役に立てることが出来ればと、お勧めの本や映画、その他面白そうなものを紹介していきたいと思います。

 

それでは、Bye。

 

英語塾橋本のホームページもご覧ください。

 

YouTube動画、「英語構文・英熟語‼」を公開しています。是非ご覧ください。

 

 

 

  • 2018.07.22 Sunday
  • 19:52

自己紹介

初投稿です。

はじめまして。もりちゃんといいます。

 

このブログが初投稿となります。最初なのでいろいろ話したいことがあるのですが、今回は自己紹介と、このブログの中でどんなことを話していこうかを述べたいと思います。(プロフィールと被ってしまうかも)

 

まずは自己紹介なんですが、静岡県御殿場市にある英語塾橋本で英語を教えています。小学生から社会人までの英語をマンツーマンで指導させていただいています。

 

英語の先生ということなので、このブログでは英語に関することや、勉強全般についても話していこうと思っています。

 

仕事以外の趣味は比較的たくさんあると思っています。例えばインドアならば、読書や映画鑑賞、そして録画したドラマを何回も観るのも好きです。性格なのか、やたらたくさんの作品を読んだり観たりするというよりかは、同じものを何度も繰り返し鑑賞する傾向があります。

 

アウトドアといえば、スポーツが大好きです。学生の頃は野球部でした。その他にはサッカーやテニスもします。テレビで観るより、実際にプレイするほうが断然好きです。

 

あと好きなものといえば、カメラかな。特に風景を撮ったり、愛犬が生きていた頃には、愛犬の写真をたくさん撮ったりしていました。

 

先ほど話題にも出た愛犬は、「心之介」というポメラニアンで、8年前に他界してしまったんですけど、なんと19歳まで家族の一員として生活を共にしました。その後、何度か犬や猫を飼いたいなと思ったこともありましたが、死に直面することを考えてしまい、中々飼うことが出来ません。でも動物は大好きなので、動物好きの人からのコメントで盛り上がりたいです。

 

長くなってしまいましたが、当分の間は今回話した趣味の話などを、もう少し掘り下げてアップしていきたいと思います。

 

それでは、Bye。

 

 英語塾橋本のホームページもご覧ください。

  

英語構文・英熟語‼」という動画をYouTubeに公開しています。是非ご覧ください。ご視聴は下のアイコンをクリック!

 

  • 2018.07.21 Saturday
  • 17:50

1