心温まる本 『木曜日にはココアを』

  • 2020.01.07 Tuesday
  • 08:39

JUGEMテーマ:小説/詩

 

こんにちは、もりちゃんです。

 

1月5日に静岡の浅間神社へ初詣に行きました。電車の旅が最近のマイブームになっているもりちゃんは、景色を見たり、音楽を聴いたり、本を読みながら電車を楽しんでいます。まさにもりちゃんにとってWalkmanと本は旅の必須アイテムです。初詣のこの日も、もりちゃんは読みかけの小説を一冊、お気に入りのブックカバーに入れ電車に乗りました。御殿場から静岡までの2時間弱の旅は絶好の読書の時間です。

 

ブックカバー

お気に入りのブックカバー

 

浅間神社での初詣を済ませ、ショッピングを楽しむ前に、歩き疲れたのでカフェで休憩しようと思い、静岡駅と新静岡駅の間位にあるStarbucksに入りました。Starbucksでは毎回エスプレッソローストをフレンチプレスで淹れてもらい、そこにフォームミルクを追加で注文します。フォームミルクがコーヒーの香りを閉じ込め、まろやかな味になるのでもりちゃんは大好きです。そして何より嬉しいのが、商品を受け渡し場所で待つ必要がなく、定員さんがわざわざ席まで運んでくれるんです。このサービスは店員さんや店舗にもよるのかなと思いますが、今までもりちゃんが行ったStarbucksでは毎回席まで運んでくれるんです。この日も2階の席まで店員さんが、フォームミルクの量を聞きに来てくれたり、運んだりしてくれました。何度も申し訳ないと思いましたが、その分感謝感謝です。店員さん、本当にありがとうございました。

 

コーヒーを飲みながら、不慣れな街での読書のひと時。なんて贅沢で幸せなのだろうと感じながら持参の本を読み終わってしまいました。この後ショッピングをして、食事を取り、帰り際にまたどこかのカフェで一休みを計画していたもりちゃんは本を一冊購入しようと思い、グーグルマップで本屋を検索し、静岡駅近くの戸田書店に向かいました。店内に入り、文庫本コーナーにザっと目を通します。もりちゃんの本選びはまず表紙カバーから入ります。なんかカバーの絵や写真で自分の感覚に訴える本を手に取ります。その裏面に書かれている大まかなあらすじを読み、「よし、これにしよ」と本を購入します。

 

そんな本選びで今回購入した本は、青山美智子著の『木曜日にはココアを』でした。なんともかわいらしい表紙で、本から暖かさを感じることができました。タイトルにもあるココアを感じさせる色合いで、この本に間違いないと直感的に感じました。購入後、さっき読み終わった本からお気に入りのブックカバーを外し、購入したこの本に着せ替えました。

 

ココア・表

 

ここからは感想です。今まで読んだ中で一番心が温まりました。主人公は各章で変わっていくのですが、それぞれの章で主人公と関わった人が次の章で主人公となって物語が続いていくのです。そのすべての人たちが、巡りめぐってどこかで出会ったり、誰かの人生に影響を与えていたりしています。話の舞台は「マーブル・カフェ」というカフェから始まります。ここのオーナーからカフェを任されて一人で運営する青年には気になるお客さんがいます。毎週木曜日の3時に「マーブル・カフェ」に来店し、座る席はいつも同じでココアを注文する一人の女性です。

 

ここから話はいろいろな人へと移り、最終的にこの二人の元に話が戻ってきます。この二人の話ももちろんですが、その途中に登場する主人公たちの何気ない日常の中の出来事は決して派手なものではなく、誰もが経験したり感じる事なのですが、私たちがふと気付かずに通り過ぎてしまっている些細な日常の大切さを思い出させてくれます。何気ない人との会話、普段は気にしていない人との関わりにも大切な何かがあることが描かれています。ふと話したその一言が、相手にはとても嬉しく感じ、時にはその人の生きる支えになったりすることもあるのだなと改めて思いました。

 

本のあらすじは皆さんに読んでもらいたいのでここまでにしますが、とにかく心温まり、優しさが詰まっている本です。帰りの電車の中では思わず涙が出てしまったこともありました。他の乗客の方々に分からないように、そっと涙をぬぐったのを覚えています。悲しいから流す涙でもなく、かわいそうだから流す涙でもなく、ただ人の優しさに涙する本なのです。もりちゃんにとって読書は宝物のようなもので1ヶ月に10冊以上は読むのですが、そのどれもが大好きなんですけど、この『木曜日にはココアを』はNo.1と言ってもいいくらいでした。もりちゃんがこの本を読んですぐにブログに載せようと思ったのもこんな理由からです。

 

ココア・裏

 

もりちゃんにも会ってゆっくり話をしたい人がいます。しかし、何十年経っても機会に恵まれず、心の中では「縁がないのかな」とか、「人生って、所詮そんなもんだよね」と、ただ懐かしむだけっていう人です。ただこの本の中の人々の関わり合いを見ていると、いつかゆっくり昔話に花を咲かせられることができるのではないかと思わせてくれます。大げさかもしれないですけど、もりちゃんにとってこの本は人生の支えとなりうる大切な一冊になりました。

 

それでは今日はここまでにします。

Bye!!

 

本の情報を載せますね。読んでみてください。

 

青山美智子『木曜日にはココアを』宝島社文庫 

ISBN978-4-8002-9712-9 

2019年8月20日 第1刷発行

 

英語塾橋本のホームページもご覧ください。

 

YouTube動画、「英語構文・英熟語‼」を公開しています。是非ご覧ください。

 

 

コメント
私も近所の図書館に有ったので、借りて来ました。
とても、読みやすかったので、出張の往復で読み切りました。

私も幸せな気持ちになりました。
もっと、人に優しく在りたいと思いました。
  • みのる
  • 2020/01/21 1:48 PM
コメントする

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM