『彩堂かすみの謎解きフィルム』と『京都寺町三条のホームズ』

  • 2020.03.28 Saturday
  • 08:54

こんにちは、もりちゃんです。

 

今回は最近読んだライトミステリーの2冊をご紹介します。一つは騎月孝弘著『彩堂かすみの謎解きフィルム』で、もう一つは望月麻衣著『京都寺町三条のホームズ』です。

 

もりちゃんは元々はガッツリしたミステリーやスパイ小説のようなハードなものが好きでしたが、年をとったせいか好みも変わり、最近はライトミステリーや、人間を描いた内容が好きになりました。新しいジャンルに好みが移り、読書が増々好きになりました。

 

今回紹介する小説はライトミステリーというジャンルで、読んでいてほのぼのした気分になれます。また登場人物が事件で死んだりしないのもいいですね。ミステリーというと必ず誰かが殺され不審死を解いていくのですが、ライトミステリーでは事件ではなく、日常の誰もが抱えるであろう悩みや疑問を解いていきます。

 

その悩みや疑問を主人公がそれぞれの専門知識を用いて解決していくのです。難問を解く際の知識の深さに感心し、どんなことでも一生懸命勉強して知識を深めるって凄いことだなと思います。やはり人間知識がある人は純粋に凄いと思いますし、その人を尊敬もでき、そして何よりも魅力的に感じますよね。この二つの物語の主人公はそんな魅力的な人たちです。

 

 

この二つの物語には共通点がいくつかあります。その一つに舞台がセットされているということです。『彩堂かすみの謎解きフィルム』では映画館『名画座オリオン』が舞台となり、『京都寺町三条のホームズ』では骨董品店『蔵』が舞台となっています。これらの舞台を基にして話が進んでいきます。

 

『名画座オリオン』に関しては、現代風のシネコンといわれる映画館ではなく、少し昭和を思い起こさせるような雰囲気ですが、決して古臭くもなく、汚いわけでもなく、むしろそこで働く人たちが愛情を持って手入れをしていて、上品さがある映画館だということが物語から分かります。上映されている映画は、いわゆる「名画」と言われるもので、最新の映画ではないのですが、支配人が毎回テーマに沿って映画を上映しています。

 

『蔵』は骨董品店ということもあり、一般人には少し足を踏み入れにくい感じがしますが、一旦店内に入ると、そこにはおしゃべりをしに来たおばちゃんやおやじがいたりしてアットホームな雰囲気をかもし出しています。この『蔵』では、店内に入ってきたお客さんにコーヒーをドリップして差し上げる設定になっています。そんなわけで近所の人がおしゃべりをしに来たりするのです。ヒロインの女子高生・真城葵と骨董品店『蔵』との出会いも、最初鑑定してほしい物があり、店の前を行ったり来たりしていたのですが、店に入ると居心地の良さに自分の悩みを打ち明け大泣きしてしまうシーンから始まりました。

 

二つ目の共通点は主人公です。『名画座オリオン』の支配人は、まだ女子大生くらいにしか見えない彩堂かすみという20代の超美人女性です。一方、『蔵』で骨董品の鑑定などをして働くのは家頭清貴(通称ホームズ)といい、この店のオーナーの孫で、抜群の鑑定眼を持つイケメン現役京大院生です。

 

この二人に共通しているのは「こだわり」があるということです。「こだわり」があるといっても勘違いしないでほしいのですが、いわゆる頑固おやじが自分の感覚だけが正しいと信じている「こだわり」ではなく、「いいものはいい」「美しいものは美しい」と物事を素直に受け入れ、そのことを徹底的に観察し、他人が感じたことにも否定するのではなく、いろいろな考え方の一つとして取り入れることができる柔軟性がある「こだわり」なのです。

 

これらの舞台や主人公達がどのような知識を駆使して難問を解いていくのか楽しみになりませんか?読んでいて面白いばかりでなく、いろいろな知識も学べるので楽しくてしょうがないですよ。

 

またそれぞれの小説には主人公に好意を寄せる二人の従業員がいます。『名画座オリオン』の美人支配人に好意を寄せるのは逢原呼人、『蔵』のイケメン京大院生にうっとりするのは真城葵です。この二組のカップル?は、恋に発展するにはまだまだなような気もしますが、初々しくて今のままでいてほしいと思う一方で、いつか気持ちが通じればいいなと応援したくもなります。

 

今回は最近もりちゃんが読んだライトミステリー2冊の紹介でした。新型コロナで外出できない今だからこそ、是非読書を楽しんでほしいと思います。

 

それではまた、チャオ!!

 

 

本の情報は以下の通りです。参考にしてください。

 

騎月孝弘『彩堂かすみの謎解きフィルム』スターツ出版株式会社

ISBN978-4-8137-0855-1

2020年2月28日 初版第1版発行

 

望月麻衣『京都寺町三条のホームズ』株式会社双葉社

ISBN978-4-575-51775-0

2017年4月27日 第18版発行

 

英語塾橋本のホームページもご覧ください。

 

YouTube動画、「英語構文・英熟語‼」を公開しています。是非ご覧ください。

 

 

 

JUGEMテーマ:小説/詩

コメント
紹介有難う御座います。
ライトミステリーですか。。。
私は中々読まなかったジャンルです。

趣向を変えてみるのも良いですね。

今度、本屋さんでチェックしてみたいと思います。
  • みのる
  • 2020/03/31 8:54 PM
コメントする

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 『彩堂かすみの謎解きフィルム』と『京都寺町三条のホームズ』
    みのる (03/31)
  • 涙腺崩壊『明日の君が、きっと泣くから。』
    みのる (03/04)
  • 心温まる本 『木曜日にはココアを』
    みのる (01/21)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM