もりちゃんの運命の一冊

  • 2020.06.08 Monday
  • 17:31

JUGEMテーマ:小説/詩

 

こんにちは、もりちゃんです。

 

今日はもりちゃんの読書人生を根本から変えたと言っても過言ではない1冊の本を紹介しますね。その本は『Of Mice and Men』と言い、日本語翻訳版は『ハツカネズミと人間』というタイトルで出版されています。著者はノーベル文学賞受賞者のJohn Steinbeckです。1937年に出版されたこの本は、映画化もされていて、もりちゃんはDVDを借りてこの映画も見ました。

 

そもそもこの本との出合いは、もりちゃんがアメリカの大学で勉強していた21歳の時にさかのぼります。

 

それまでもりちゃんは推理小説やスパイ小説、また政治の本などが大好きでよく読んでいましたが、いわゆる文学と呼ばれるものには抵抗があり読めずにいました。

 

これはそれまでの学生生活の国語の授業で文学の良さがさっぱり分からなかったからです。退屈で、堅苦しく、何を言っているのか分からないというのが文学に対するもりちゃんの見方でした。当然国語が一番の苦手科目で、作文も大嫌いでした。中でも一番嫌いだったのが、夏休みの課題の読書感想文でした。読書感想文に関してはよく学校の先生に叱られていたのを今でもよく覚えています。

 

今振り返ってみて、なぜその頃文学が嫌いだったかというと、本を読んでも理解できない読解力の無さに腹が立っていたのでしょう。また読解力の無い自分を認めたくないという現実逃避も理由の一つだと思います。文学を理解できない(又は楽しめない)のは、自分のせいではなく、文学自体が悪いんだとさえ思いました。

 

しかしこの『Of Mice and Men』を英文で読み、文学に対する考え方が180度変わりました。というか人生で一番と言ってもいいくらい衝撃を受けました。同時にもりちゃんの前に何か新しい道が開けて見えた瞬間でもありました。初めて文学を自分なりに納得して理解できたのです。そしてこの本に対する自分の解釈や考えを持つことができ、またテーマや含意を考えることができたのです。たった一冊の本のおかげで世界が変わりました。

 

別の言葉で言い換えると、もりちゃんがバージョンアップした感じがしたのです。「俺、もしかしたら大人になったのかな?」とか、「もしかして頭が良くなったのかも?」とか、うぬぼれかもしれないですけど自信がついたのは事実でした。今思うに、アメリカで英語に触れあい、英語で苦労し、その英語を理解しようと勉強したことで、言葉の大切さを知らず知らずの内に理解して、コミュニケーションをとるようになったからだと思います。とは言うものの、このブログを読んでいただいている方もお分かりの通り、未だ文章力はさほど上達していなく日々悩んでいる最中です。

 

それからJohn Steinbeckの『The Grapes of Wrath』(邦題『怒りの葡萄』)、『The Red Pony』(邦題『赤い小馬』)などを読みました。その後も他の作家の文学作品を読めるようにもなりました。日本に帰ってきてからは、学生時代に苦手としていた日本の文学作家の本にもトライしたのですが、これがよく分かるんです。今思うと、なぜ学生時代に理解できず、面白くないと決めつけていたのか不思議に思うくらいです。

 

このようにしてもりちゃんは文学にも興味を持ち始め、その後平均くらいの読解力はついたのではないかと思います。もりちゃんにとっての『Of Mice and Men』のような人生を変えてくれるような本に、皆さんも出合えることを願っています。

 

 

 

英語塾橋本のホームページもご覧ください。

 

YouTube動画、「英語構文・英熟語‼」を公開しています。是非ご覧ください。

 

 

コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 『彩堂かすみの謎解きフィルム』と『京都寺町三条のホームズ』
    みのる (03/31)
  • 涙腺崩壊『明日の君が、きっと泣くから。』
    みのる (03/04)
  • 心温まる本 『木曜日にはココアを』
    みのる (01/21)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM