シドニー・シェルダンの『Master of the Game』

  • 2018.08.15 Wednesday
  • 17:26

JUGEMテーマ:小説/詩

こんにちは。もりちゃんです。暑いですけど勉強頑張りましょう。

 

過去の記事では、音楽で英語を勉強するというテーマで書かせてもらいましたが、音楽に関してはしばらくしてからまた投稿するとして、今回からはもりちゃんのお気に入りの本を紹介したいと思います。実をいうと、本で英語を学ぶというのが一番効果的ではないのかと、もりちゃん個人は思っています。

 

今日紹介したいと思っている小説は、Sidney SheldonMaster of the Game です。この本は1982年に出版され、世界中でベストセラーになりました。後に日本語にも翻訳され、邦題『ゲームの達人』として出版されました。もりちゃんが高校の頃、この『ゲームの達人』と出会い、すっかり虜になったのを覚えています。高校卒業後アメリカに渡り、英語力も少しずつ上達したと感じ、何か英語で本でも読んでみようと思い、本屋で購入したのがこの Master of the Gameです。一度日本語で読んでいたこともあり、物語の背景が分かっていたので、難しい単語が出てきても、何となく理解できたのを覚えています。

 

あれから数十年が経っていますが、時々読みたくなってしまい、最低でも1年に1回は読んでいると思います。何度読んでも飽きないし、ドキドキ感も味わうことができ、全く色あせていない最高傑作の小説だと思っています。以前生徒に本の紹介を求められ、日本語訳の『ゲームの達人』を勧めたのですが、上下巻構成のこの小説を3日くらいで読んでしまったと言っていました。読みだしたら止まらなくなり、早く次の展開を知りたいという思いから、一気に読んでしまったそうです。

 

もりちゃんがなぜこの小説をお勧めするのかというと、物語の面白さはもちろんのこと、使われている英語が非常にバランスがいいように感じています。日常的に使われる単語や表現の他に、ビズネスのこと、娯楽のこと、趣味のことなど様々な場面で使われそうな英語が盛り沢山です。また英文学などによく使われる特別な技法などが少なく、現代英語の基本をしっかり覚えていれば理解できるようになっています。

 

物語の内容はネタバレしてしまうので書くつもりはありませんが、私たち人間が常に持っている感情を、物語の登場人物たちがはっきりと表していると思います。純情な気持ちと邪悪な感情、友情と裏切り、富と貧困、希望と絶望などの対比を怖いくらいに表現しています。人間の「明」の部分と「暗」の部分のどちらか一方だけを持っている登場人物もいれば、その両方を持ち合わせている登場人物もいたりします。また、「明」から「暗」に変わってしまう人物もいます。もりちゃんも自分に照らし合わせて、もし自分が同じような経験をしたら、彼ら、彼女らのように性格が変わったりするのだろうかなんて考えたりもしました。

 

物語の前半は、主人公が貧しさから脱するためのダイヤモンド探しの大冒険から始まり、裏切りや復讐を経て成り上がっていきます。中盤には、主人公の娘、Kateが新たな主人公となり、父が設立した会社を多国籍企業へと成長させていきます。その手腕もまた大胆かつ綿密で、「鉄の女」を連想させます。後半は、Kateの息子や双子の孫娘へと話しが移り、物語はクライマックスへと向かいます。

 

さて、みなさんもいきなり英語の本を読むのを躊躇する方もいるとは思いますが、もりちゃんのように、1回日本語訳で読んでみるといいと思います。ストーリーは分かっているので、分からない単語でも雰囲気で分かりますし、あの時の表現は、英語でこんな風に言い表すんだと気づくこともできます。そして1冊読み終わったころには劇的に英語力がアップしていること間違いなしです。1冊読んでしまえば、自信がつき、また別の本を読みたくなります。もりちゃんは、Master of the Gameを読んでから、Sidney Sheldonにはまってしまい、彼の小説は15冊くらい読んでいると思います。今度もりちゃんが読んだSidney Sheldonの小説のリストでも掲載しますね。

 

読書という趣味を通して英語を覚える。なんて優雅で贅沢な学習法でしょう。しかも面白い本を読んでいる時に、本人は勉強をしている感覚は全くないのですから、勉強嫌いの人でも全然いけてしまうと思いませんか。是非、皆さんもトライしてみてください。

 

それではまた。BYE!!

 

 

英語塾橋本のホームページもご覧ください。

 

YouTube動画、「英語構文・英熟語‼」を公開しています。是非ご覧ください。

 

 

コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 『彩堂かすみの謎解きフィルム』と『京都寺町三条のホームズ』
    みのる (03/31)
  • 涙腺崩壊『明日の君が、きっと泣くから。』
    みのる (03/04)
  • 心温まる本 『木曜日にはココアを』
    みのる (01/21)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM